食事によるペニス増大プラン!効果的な栄養素を含むおススメ食品

食事でペニスを大きく

男性であれば、ご自分のペニスについて悩んだ経験のある方も多いでしょう。
とりわけペニスのサイズは男性としての自信にも関わる大きな悩みですね。 ペニスが小さいと普段の行動や思考もネガティブになりがちです。 例えば女性に対して積極的になれなかったり、 同性に対しても劣等感を感じてしまうことがあるかもしれません。

しかし、「ペニスの大きさなんて、生まれつきのものだからしょうがない…。」と諦めてしまうのは少し待ってください。 なぜなら後天的にペニスを大きくする方法はいくつもあるからです。 ここでは特別なリスクがなく、比較的生活に取り入れやすい 『食事でペニスを大きくする方法』について解説していきます。

本当に食事で大きくできる?

「そもそも、食事だけで本当にペニスを大きくできるの?」と疑われる方もいるでしょう。
お察しの通りペニスに良いという食事を摂ったからといって、いきなりペニスが長く太くなるなどという効果はありません。 ペニスを大きくする食事(食品)とは直接的にサイズアップを図るものではなく、 あくまで精力アップ・勃起力の向上を通してペニスが増大しやすいように体質を改善するものという解釈です。

現時点で直接的にペニス増大効果が実証されている食品はありません。 ただ上記を踏まえたうえでペニスに良いとされる食品は確かに存在します。 長期間、継続的に食生活に取り入れていけばある程度の効果は期待できるかもしれません。 しかし、『食事だけ』で目に見えるような成果を出すのは難しいこともまた事実です。

他の方法と併せて実行すると◎

食事によるアプローチは特別なリスクがないため、 他の方法と併用しやすいというメリットがあります。
大きな成果を期待する方、もしくはなるべく早く成果を出したい方は、 他の方法と併せて実行すると良いでしょう。

ペニスに良い食品とは?

ペニスに良い食品にはどんなものがあるでしょうか?
調べてみれば分かりますが、実はそういった食品は数多くあります。 しかしペニスに良い食品だからと言って無計画にたくさん食べると、 かえって健康を損ねる場合もあるので気をつけましょう。
いわゆる「食べ過ぎれば何でも毒」ということですね。
安全に、そしてより効率的に成果を出すために まずはペニスが大きくなる仕組みを理解しましょう。

勃起の仕組みを知ろう

具体的な食品を紹介する前に、ここで一旦ペニスが大きくなる仕組みについて簡単に知っておきましょう。
なぜなら勃起のメカニズムにはいくつかのステップがあり、ペニスに良い食品とはそれらの機能を強化するためのものだからです。 つまり、それらのポイントそれぞれに効果のある食品をバランス良くとらないと十分な成果が得られません。 だからこそ、食品の紹介に先立って知っておく必要があるのです。

ペニスを大きくするポイント

ペニスが勃起するメカニズムは大まかに言うと下記のような流れになっています。
1.性的刺激などを受ける
2.陰茎海綿体に血液が集まり勃起
3.その血液をキープして勃起を維持
陰茎海綿体とは伸縮性のある細胞組織で、ここに血液が集まることによりペニスが大きくなる言わば入れ物の役割を果たします。

ペニスは風船?

勃起のメカニズムは風船などをイメージすると分かりやすいでしょう。
空気(血液)が風船(海綿体)に送りまれることで膨らみ、空気が抜ける(集まった血液が戻る)ことによりしぼむというイメージです。
例えば風船(海綿体)自体が小さければいくら空気(血液)を入れても限界があります。 逆にいくら風船(海綿体)が大きくても十分な空気(血液)が送り込まれなければ、 やはり送られた空気(血液)の分以上は大きくならないというわけです。

厳密に言うと、繰り返し海綿体に血液を多く送り込むだけでも海綿体組織の増大は期待できます。 しかし両面からアプローチした方がより効果的なのは言うまでもありません。

また勃起状態の維持に関しては血流アップで対応できます。 なぜなら血液が集まり増大・硬化したペニスの海綿体によって 静脈が圧迫されることでペニスの血液がキープされるからです。

以上のことから、ポイントは大きく分けて2つ。
・海綿体細胞を大きくする
・海綿体への血流を良くする
つまりこの2点をそれぞれを強化・促進させる栄養素を多く含む食品こそが、 ペニスに良い食品と言えるでしょう。それでは次の章から具体的な食品について解説していきます。

具体的な食品について

繰り返しになりますが、ペニスに良いとされる食品はたくさんあります。
しかし極端に高価だったり、手に入れにくいものでは 実際の食卓に取り入れていくのは難しいでしょう。
ここではそれほど高価ではなく、また一般的なスーパーなどでも 手に入れやすい食品を中心に紹介していきたいと思います。

シトルリンたっぷりのスイカ

まず最初におススメしたいのは『シトルリン』をたっぷり含むスイカです。 『シトルリン』は海綿体への血流を良くするために効果的な栄養素。 スーパーアミノ酸とも呼ばれており、血管を広げて血液の流れをスムーズにしてくれます。

シトルリンは過剰摂取の心配が不要

『シトルリン』は仮に摂りすぎても過剰分は体外に排出されます。 過剰摂取により健康被害を受ける栄養素もあるので、その心配がいらないという点も嬉しいところです。

スイカは他の食品と比べ3倍以上の含有量

『シトルリン』はスイカの他、ヘチマ・メロン・冬瓜(とうがん)・キュウリなどのウリ科に多く含まれることで知られています。 ちなみに100g当たりで比較するとスイカの含有量は180mg。次点のヘチマ57mgと比べてもおよそ3倍というダントツの含有量を誇ります。

食事を推奨摂取量から計算すると

『シトルリン』の1日の摂取量の目安は一般的に800mgと言われています。 これはスイカで換算すると1/7個で1日分が補える計算です。(ちなみにヘチマの場合は7.7本) 価格については時季や地域によって違ってきますが、 毎日の食事として比較的に取り入れやすい食べ物と言えるでしょう。

欠点は時季が限られること

上記のような理由からぜひ日々の食事に取り入れたいスイカ。
ただスイカと言えば夏、やはり時季が限られてしまうというのが難点です。 もちろんその気になれば冬でも入手可能ですが、 夏に比べ割高になってしまうので現実的ではありません。 スイカ以外の食品だけで補うのも厳しいので、 冬場だけサプリメントで補うようにしてもいいかもしれませんね。

セックスミネラルとも言われる亜鉛

生殖機能の維持に欠かせないことから別名セックスミネラルとも言われる『亜鉛』。
この栄養素はホルモンの分泌を促す効果があります。 同時に細胞分裂やたんぱく質の合成にも重要な役割を果たし、 海綿体細胞を大きくするために抜群の効果を発揮します。

亜鉛は栄養満点の牡蠣で補充

牡蠣(かき)は『亜鉛』を効率よく補充するために最適な食品と言えるでしょう。 なぜなら他の食品と比べて『亜鉛』の含有量が圧倒的に多いからです。 そのうえ『海のミルク』と呼ばれるほど栄養満点。 特に苦手でなければ、『亜鉛』は牡蠣(かき)で補充すると効率が良いでしょう。

牡蠣で推奨摂取量を補う場合

『亜鉛』の成人男性1日当たりの推奨摂取量はおよそ10mgとされています。 牡蠣(かき)は可食部100g当たり13.2mgの『亜鉛』が含まれているので、 4~6個ほどで推奨量を満たせます。(大きさによって異なりますが、ここでは1個20gとして計算しています)

牡蠣以外の食品で摂取量を満たすなら

『亜鉛』を含む食品は他にもたくさんあります。 ですが含有量が多いとされる豚肉レバーでさえ 単品で推奨量を満たそうとしたら200gほど必要になります。(レバーは『ビタミンA』の含有量が多く、過剰摂取になる恐れがあるのでこの量はお勧めできません)

以上のように単一の食品のみで推奨量を満たすのはなかなか厳しそうです。 食品のみで『亜鉛』の推奨量をクリアしようとするなら、 含有量の多い食品を中心にバランスの良い食事を心がけましょう。

見落としがちな吸収率

栄養素には吸収率というものがあり、 摂取した分量が100%体内に吸収されるわけではありません。 とりわけ『亜鉛』は吸収率がそれほど高くなく、 同時に摂った食品と一緒に体外に排出されやすい性質を持っています。

一緒に食べることで吸収率を高める食品

『亜鉛』を摂取する際にはその吸収を助ける 『ビタミンC』、『クエン酸』、『動物性蛋白質』、『乳頭』などと一緒に摂りましょう。 特に『ビタミンC』と『クエン酸』の両方を豊富に含むレモンなどは積極的に取り入れたい食品ですね。

亜鉛は摂取量にも注意

『亜鉛』は必須ミネラルと言われるとても大切な栄養素です。 しかし『亜鉛』を過剰摂取すると吐き気・腹痛・低血圧などの症状を引き起こす可能性があるので注意が必要です。
成人男性の『亜鉛』摂取上限量はおよそ40mgとされています。 食品のみで過剰摂取になるケースは稀ですが、 効果を実感できないからといって過剰に摂りすぎないように気をつけましょう。

成長ホルモンを促すアルギニン

成長ホルモンの分泌を促す『アルギニン』は 海綿体細胞を大きくするためにとても役立つ栄養素です。
また体内での一酸化窒素の生成をサポートすることで 海綿体への血流を良くする効果も期待できます。 可能な限り積極的に取り入れていきましょう。

アルギニンは大豆製品をベースに

『アルギニン』を効率良く摂取するためにはどんな食品がいいでしょうか?

『アルギニン』はたんぱく質を構成するアミノ酸の一種です。 従って、たんぱく質の豊富な大豆類・魚介類・肉類などに多く含まれています。 大豆類では高野豆腐、魚介類ではかつお・まぐろ・えび、肉類では鶏むね肉などがお勧めです。

とりわけ大豆製品は味噌・納豆・豆腐など毎日の食生活に取り入れやすいものばかり。 大豆製品をベースにして取り入れていくとバランスの良い食生活を実践しやすいでしょう。

トッピング系の食品を活用

かつおぶしも『アルギニン』を多く含む食品の一つ。 かつおぶしの嬉しいところは色々な食品にトッピングができる点です。 他にゴマ・きな粉なども『アルギニン』が豊富なので、 かつおぶし同様トッピングとして活用するといいでしょう。

ビタミンEで血流アップ

体の調子を整えるビタミンも大切な栄養素です。 特に『ビタミンE』は毛細血管の血流を促進するので、 海綿体への血流を良くする効果が期待できます。

ビタミンEは若返りのビタミン

強い抗酸化作用があり、アンチエイジングなどにも有効なため、 『若返りのビタミン』とも呼ばれています。 しかも輸送たんぱく質によって吸収量がコントロールされているため、 基本的に過剰摂取の心配はありません。

こだわりがなければ、ひまわり油に

ひまわり油は『ビタミンE』が非常に豊富。 大さじ1杯(12g)に4.6mgもの『ビタミンE』が含まれています。 成人男性の摂取量の目安はおよそ6.5mg/日ですから、 それだけでも約70%を補える計算になります。

また生鮮食品などと比べて管理がしやすく、日々の食事にも取り入れやすいでしょう。 もしも料理に使う油に特別なこだわりがないのであれば、 まずはひまわり油にしてみてはいかがでしょうか。

ビタミンEを多く含むメインの食材

『ビタミンE』を多く含むメインの食材としては、ニラ・かぼちゃ・赤パプリカ、にじます・鮎などがあります。

ニラは含有量自体そこまで多くはありませんが、疲労回復や血行促進効果を持つ『アリシン』という成分も含んでいます。 また比較的に他の料理へ追加しやすいので、あの独特のニオイや味が気にならない方にはお勧めです。

赤パプリカは生でも食べられる点が手間いらずで嬉しい食品。 『ビタミンE』の活性を促す働きのある『ビタミンC』まで含まれていて、 高い抗酸化作用を持つ『キサントフィル類』が多いところもお勧めポイントです。 赤ピーマンでもほぼ同様の効果が期待できますが、 市場に出回るピーマンは緑が主流なので赤パプリカを狙うと良いでしょう。

食べすぎに注意が必要な食品

あんこうの肝やうなぎも『ビタミンE』の含有量が多い食品です。 しかし、これらは『ビタミンA』の含有量が非常に多く、 過剰に摂取すると健康を害する可能性が高いので程々に控えましょう。

気軽にビタミンEを摂れる食品

「食材の管理が面倒だし、料理するヒマもない…。」という方には、 アーモンド・抹茶・小麦胚芽・マヨネーズなどが便利です。 これらは『ビタミンE』を豊富に含み、保存管理も容易。 他の食品とも一緒に摂りやすいため、気軽に『ビタミンE』を摂取できます。 ですが摂りすぎると、栄養が偏ってしまうので注意が必要です。 あくまでメイン食材の補助として、節度を持って活用すると良いでしょう。

十分な成果を得るために

何とかペニスを大きくしようと食事に気を使っても、 それを阻害するような行動をとってしまっては台無しです。
ここまでペニスを大きくするために効果的な食品を紹介してきました。 ここでは十分な成果を得るために注意が必要な点について確認していきましょう。

摂りすぎに特に注意が必要な食品

特に気をつけたほうがいい食品としてアルコール・糖分・加工食品などがあります。

お酒をたくさん飲まれる方は注意

アルコールを多量に摂取すると、男性ホルモンであるテストステロンを減少させる可能性があります。 またアルコールの分解には『シトルリン』や『アルギニン』も使われてしまいます。 適度に楽しむ分には問題ありませんが、お酒をたくさん飲まれる方は注意しましょう。

甘いものや加工食品も控えめに

糖分の摂りすぎは血液をドロドロにしたり、血管を硬くしてしまう恐れがあります。 同じように加工食品も食べ過ぎると血液の流れを阻害する体質になりやすいので、 できるだけ控えましょう。

生活習慣の改善も重要

不健康な生活習慣。 これもペニスを大きくするためにマイナスの要因となります。 例えば、運動不足・睡眠不足・喫煙などです。 これらを改善することは健康的な生活を送るうえでも とても大切なことなので、ぜひこの機会に改めましょう。

運動不足解消と併せてチントレも

運動不足の状態が続くと血行が悪くなり、 海綿体への血流を良くするために悪影響を及ぼします。 定期的に体を動かして血流が滞らないようにしましょう。 当サイトではペニスのトレーニング、通称『チントレ』についても 解説しているので併せて生活に取り入れるとより効果的です。

睡眠は時間よりも質が重要

睡眠不足は成長ホルモンの分泌にとって大敵です。 海綿体細胞を大きくするために成長ホルモンの存在は欠かせません。 ぜひとも改善したいところですが、単純に睡眠時間を長くするだけでは十分な分泌を得られない場合もあります。 なぜなら睡眠にとって重要なのは時間よりも質だからです。

成長ホルモンの分泌量は時間帯で変わる?

「成長ホルモンは夜10時~夜中2時に多く分泌される」 こんな話を聞いたことはないでしょうか? 実はこの情報は正確ではありません。
成長ホルモンは眠りについてから最初の約3時間に多く分泌されます。 大切なのはその3時間に質の高い睡眠をとることです。 ですから深い眠りを得るため就寝前には、
・TVやスマホなどの明るい光は避ける
・直前に食事はとらない(とる場合は軽く)
・シャワーよりも、40度以下の湯船に入る
以上のような点に気をつけましょう。
最初の3時間に深い眠りが得られるのであれば、 必ずしも時間は関係ないのです。

喫煙は血管を収縮させる

近年、タバコの価格はどんどん上がり、喫煙スペースも減少してきています。 この状況で、今でもタバコを吸っている方はなかなかの愛煙家と言えるでしょう。 しかし喫煙は血管を収縮させ、血流を悪くします。 海綿体への血流を良くするために できるだけ早く止めた方がいいでしょう。

禁煙は代用品を活用して

理想を言えばすぐに禁煙するのがベストです。 ただ前述のとおり、いきなり止めるのは難しく、ストレスも大きいと思います。 いきなり禁煙するのが難しい方は電子タバコなどの代用品をうまく活用して、徐々に本数を減らしていくと良いでしょう。

ペニスに良い食生活の実践には

当サイトでは『食事』のほかに『サプリメント』・『トレーニング』・『マッサージ』・『手術』の4種類の方法を紹介しています。 食事で大きくする方法を実践する前に、本当に自分のライフスタイルに合った方法なのか検証してみましょう。

食事での改善方法はサプリより低コスト?

「普段の食生活を変えるだけなら、手術やサプリメントより低コストで済む。」
そう考えて食事でペニスを大きくする方法を検討される方もいるかもしれません。 しかし、本当にそうでしょうか? 確かに元々健康に気を使った食事をしていた方の場合は、そこから大幅に食費がかさむことはないでしょう。

サプリの方が安く済む場合もある

安価な炭水化物を中心に、ただ空腹を満たすだけの食事をしていた方の場合はどうでしょう? その食生活から栄養バランスを考慮した食事に改善するなら、 毎月の食費は数万円単位でアップしてもおかしくありません。 当サイトで紹介しているサプリメントはどれも1万円/月を下回る価格です。 現在の食生活によっては、サプリメントの方が安く済むという方もいるでしょう。

食事による改善はリスクがない?

「食事で大きくする方法なら、リスクがないから安心して実践できる。」 そんなふうにリスク面の理由から食事による改善方法に惹かれた方はいないでしょうか? それは基本的に間違いではありません。

人によってはリスクがないとも言い切れない

『具体的な食品について』のところでも触れたように、 特定の成分を過剰摂取することで健康被害を受けるケースがあります。 もちろん適正な食生活を管理・コントロールできるのであれば問題ありません。 ただそういった経験に乏しい、あるいは自信がないという方の場合は 食事による改善策もリスクがないとは言い切れないでしょう。

当サイトで紹介しているサプリメントは、すべて天然由来の成分をベースにした体に優しいものです。 食事の複雑な栄養計算に自信を持てない方は、サプリメントも検討してみてはいかがでしょうか?

実践するためには下地が重要

食事でペニスを大きくする方法を実践するためには 下地となる習慣・スキル・環境などが重要となります。 それらがないと実行にあたっての負担が大きく、効率も悪くなってしまいます。

必要なポイントは大きく分けて3つ、
・健康に気を使った食事習慣
・バランスを考えた食事管理スキル
・食事にかけられる時間と労力
などです。

これらのポイントが満たされている方は、 食事でペニスを大きくする方法を実践しやすい素養があると言えるでしょう。

自由に食事を選べるか

毎日の食事メニューを自由に選べる環境も大切なポイントです。 例えば一人暮らしであれば、自分で自由に食事を作れます。 自分にそのスキルがあり、その手間と時間をかけられるのであれば問題ありません。

しかし同居人がいたらどうでしょうか?基本的には、自分だけ違う食事をとるか、 同居人全員に同じ食事をとってもらうしかありません。 ましてや同居人に食事を作ってもらっている場合は、その方の協力が不可欠です。

自由に食事を選べる環境にいない、またはその実現が困難な方は 別の方法を検討した方が良いかもしれません。