【ペニス増大手術の今】切らなくてもサイズアップできる方法も!

ペニスは手術で大きくすることが可能!

ペニスを増大させたいという想いは、おそらく世界中の男性が抱くもの。
物心がついていない子供ならまだしも、そうでない場合には、自分のペニスが小さいほうが良いと思う人など皆無でしょう。

男性にとってのシンボル

大きなペニスを持つということは、単純に大きい方が性行為の時に女性に喜ばれるからといった、 物理的なメリットだけではありません。

ペニスというのはある意味、男性にとってシンボル的な要素なのです。

例えばインポテンツになってペニスが勃起しなくなると、男性としての自信を失ってしまいます。 それと同様、ペニスが大きいということは男性にとっての誇り。 そして、他の男性よりも優位に立てる、そんな意識を持たせるものだと思います。

大きなペニスを望むのは男性の本能

思い当たるフシはありませんか?子供の頃に性器を見せ合ったりした時、一番大きな男の子にちょっとした尊敬の念が集まるという現象。
ペニスを大きくしたいという思いは、男性の本能に限りなく近い願望のひとつなのかもしれません。

ペニスは大きくできる

ペニスの大小は生まれつきのものだと思っている人も多いでしょう。 自分の力ではどうしようもできないもののひとつだとあきらめている男性も少なくありません。
しかし、これだけ医療が発達し、美容整形の技術も飛躍的に向上している昨今。 どうにかなるのでは?と推測する男性もいることでしょう。
お察しの通り、現代社会では手術によってペニスを増大する方法がすでに確立しています。
しかも、世界的に有名な先端医療機関などではなく、 ごく普通のクリニックでも対応可能なほどポピュラーなものとなっているのです。

現代では「切らない」手術も可能

「ペニスを手術する」となると、なんとなく恐ろしくなってしまいますよね。 ですが通常は性器を失うようなことなどなく、ちゃんとペニスのサイズアップができます。

しかも、メスを使わない、いわゆる“切らない”手術もあるのです。
これも美容整形の世界と共通していますが、 必ずしも、整形=身体にメスを入れる外科的手術、ではありません。 それは一昔前の考え方と言えます。

シリコン挿入・ヒアルロン酸注入による増大手術

ペニスを大きくするためには、実際にはどのような手術が必要になるのでしょうか。
ポピュラーな手術として、ペニスにヒアルロン酸などを注入、あるいはシリコンを挿入する方法があります。
これらは他の手術に比べて費用を安く抑えられ、手術時間も短くて済みます。 そのため、増大手術の中では比較的にハードルが低い方法と言えるでしょう。 ここから、それぞれの方法について詳しく説明していきます。

シリコンを挿入すると見た目で分かる?

シリコンは女性が豊胸したりする際によく使われる素材です。
シリコンによる増大方法は、この素材をペニスに挿入することによりサイズアップを図ります。 ペニスに挿入するシリコンは一般的に「シリコンボール」や「シリコンバー」などの形状があります。 基本的には挿入したことが分かる形になりますので、自然な見た目を希望する方にはお勧めできません。

シリコン挿入でSEXライフを改善

シリコンを挿入すると、その形状によって「性交の時、相手により強い快感を与えられる」と言われています。 ペニスが小さい、またはペニスの形に問題があるせいでSEXに自信を持てないという方には一考の余地があるでしょう。

拒否感を持つ女性もいるので注意

シリコンを挿入したペニスはその独特の形状によって、性交の際に相手により深い性感を与えるといいます。 しかし、こういったペニスに拒否感を示す女性も多いので注意しましょう。 特定のSEXパートナーがいない場合、これから出会う女性がそうでないとは言い切れません。
そういった方は、他の方法も視野に入れ慎重な検討が必要です。 また特定の相手がいる方は、後悔しないように事前にパートナーに相談・確認した方が良いでしょう。

体内で生成されるヒアルロン酸

ヒアルロン酸も美容の世界ではよく使用されています。
ヒアルロン酸は主に老化によってたるんだ皮膚にハリを戻したい時に使用されるもの。 この素材は、実は人間の体内で生成される物質ですが、加齢によって減少してしまいます。
それを補うために注射して瑞々しいお肌を保つという考え方です。

ヒアルロン酸は定期的な注入が必要

ヒアルロン酸による増大手術は直接ペニスに注入することでサイズアップを図ります。 これは元々体内で生成される物質のため、とても身体に優しいもの。 拒絶反応が出にくいのは良いことですが、 そのおかげでペニスに注入してしばらく経つと、体内に吸収され元に戻ってしまいます。 おおよそ、1年~1年半程度の保持力があるのですが、 大きさをキープするためには、定期的に注射をしなくてはいけません。
ペニスに注入する物質にはヒアルロン酸の他にも、コラーゲン・アクアミド・脂肪などがあります。 それぞれに一長一短がありますので、検討される方は自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

注入の位置で変わるペニスの形状

ヒアルロン酸の注射に関しては、注入する位置によって効果が違ってきます。
例えば亀頭の部分に注射をすると先っぽが太い、立派なペニスにデザインできます。
そうすることで、サイズもさることながら、インパクトのある見た目になります。

また、いわゆる“カリ”の部分に注入して女性器への引っかかりをよくすることも可能。
さらに陰茎そのものに注入して、太くてがっちりしたペニスにする男性もいます。 それぞれの好みに合わせた形状を実現できるので、大きさだけでなく形にも不満を抱える方にとっては魅力的でしょう。

陰茎を引っ張り出して伸ばす手術

もうひとつ、代表的な手術法として、陰茎そのもの長くする『長茎法』というものがあります。
これは体の中に埋もれている部分を引っ張り出して、ペニスを長くするという方法です。

10cmも伸びた例もある『長茎法』

肥満の男性は体の中にペニスが深く埋もれてしまっているケースが多く、『長茎法』はそういった場合に特に有効です。 具体的なやり方としては、陰毛の部分にメスを入れて傷口を目立たないようにしながら、ペニスを引っ張り出していきます。
この手術によって平均3~8cmほどペニスが伸びるという話です。 中には10cmも伸びたという例もありますが、基本的には体内に埋もれている長さ次第。 気になる方は無料カウンセリングを行っているクリニックなどで確認してみると良いでしょう。

メスを入れない方法もあるけど…

『長茎法』にはメスを入れるものと、そうでないものがあります。
メスを入れない場合は、小さくあけた穴からペニスの埋没部分を糸で引っ張り出します。 その状態を特殊な糸で固定することで長いペニスを実現。 体への負担が少なく、切る手術より費用が安く済みますが、糸が切れて元に戻ってしまったという報告もあります。

どちらににせよ、大切な部分の手術ですから、 やはり経験豊富なドクターがいるクリニックを選んだ方が良いでしょう。
価格の目安ですが、メスを入れると30万円から50万円で手術時間は60分程度、 メスを入れない方法で10万円から15万円、手術時間は30分程度となります。 ちなみにヒアルロン酸注入は4万円から、手術時間も10分程度と大変短いです。

目的や予算などを考えて慎重に

ここまで紹介してきたように、 様々な手術によってペニスサイズの増大が可能となっています。
しかし、どの方法も一長一短があり少なからずリスクが伴います。 また費用も高額なため、それぞれの目的や予算などを考慮して慎重に検討しましょう。

ペニス増大手術はメリットが大きい手段です。 「すぐに成果が確認できる」、「通常時のペニスが明確に大きくなる」など、 他の方法にはない特長があります。

ですが、高額費用・後遺症のリスクなどのデメリットも無視できません。 また他の方法と違い、外的な要因で無理やりに大きくする不自然な方法でもあります。

手術ほど即効性はなく劇的な変化も望めませんが、 年齢によってはサプリなどで通常時のサイズアップも期待できます。 色々な方法を試してからでも遅くはありません。 手術は最終手段として、まずは他の方法から検討してみてはいかがでしょうか?